読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈なチャンスを。

はてなスターに元気をもらって執筆中。Twitter:@927chan

【歌わせてみた】Kis-My-Ft2「FOLLOW」をKAT-TUNでパート割してみた

先に告白しておきますが、私はジャニーズの中でも「ギラギラエロエロオラオラ系」と名高い、SMAPKAT-TUNKis-My-Ft2という系譜のジャニヲタなので、彼らのかっこいい曲は大変好みです。

その中でも最近お気に入りなのが、Kis-My-Ft2最新アルバム「KIS-MY-WORLD」に収録されている、「FOLLOW」という曲です。

視聴はこちらから(avexサイトに飛びます。5曲目が「FOLLOW」)

http://avex.jp/kismyft2/discography/detail.php?id=1010637

この曲!!かっこよすぎか!!!

ギラギラ系王道とも言えるダンスナンバー。しかも結構優しい声で歌っているところもあるのに、歌詞がオラオラ系。最高か。エロい。

というわけでひたすらこの曲をリピっていたのですが、ある日突然大サビの藤ヶ谷くんパート部分から、「あれ…これ亀梨くんもハマる…!っていうかもはや亀…!」みたいな謎のメッセージを感じ取ったため、勢いでパート割を考えました。KAT-TUNバージョン。

「FOLLOW」を知らない人も、KAT-TUNにピンと来てない人も、まあとりあえず見てくれ。

Now Follow, Follow...

Now Follow, Follow..

I know U got something

glowing, afterglow

藤→田 鋭い逆光の中 想いは弾けた

亀 唸りあげたスピーカー

身を預け TURN it UP

北 →中 輪郭帯びたベースライン

抵抗の隙はない

ニ→上 猛獣と化したエナジー

今だけ Set me FREE

まずポイントは、田口くんにド頭をお任せした点です。最近の田口くんの歌声はKAT-TUNの中で注目されていて(というか元々伸びやかで素敵な声だったんだけど、最近になって時代が追い付いてきて注目され始めた感がある)彼の声から始まるかっこいいKAT-TUNを聴いてみたかったんです。藤ヶ谷くんは落ち着いたトーンで歌っているのですが、多分田口くんは張りのある強めの声で来ると思うのでそのギャップを味わいたい。そしてその田口くんに続く亀梨くん。「田口もいいけどやっぱり俺でしょ?」って顔で誘ってくる歌い方でしょう。良い。そして中丸くん。個人的に中丸くんの音を伸ばすときの声が好きなので「帯びたベースライン」とか「隙はない」とか多分何回もリピートしてしまう。北山くんと発声の仕方がだいぶ違うと思うんですよね。だからここでKAT-TUNらしさを聴いてみたい。さらに上田くん「猛獣と化したエナジー」は絶対に上田くんに歌ってほしかった…!しかもありえないくらいさらっと。ここは原曲で二階堂くんが結構力強く歌っているので、歌い方で最も差がつきそうです。

藤→田 閉じた目の前が真実

何が Right 何が Wrong

決めるの It's YOU

答え彷徨うなら

I'll CHOOSE for U

いいパートをどんどん田口くんに与えたくなる病気。仕方ない、それほどまでに今田口くんは輝いているのです。

千→上 Follow me

そして1回目の「Follow~」は先ほど押さえ気味だった上田くんに最上級の色気を放出してもらおうと思います。コンサートならここで一度叫ぶ。余談ですが上田くんと千賀くんの美しさは通じるものがあると思っています。

ALL In the Burning, Burning Light

君を探してる

手を伸ばせば 熱に触れる

奪いに行くよSHINE for ME

亀 その残光を目指して

ALL GO for the GLOW

Now follow... FOLLOW...

サビは原曲は全員で歌い踊るのですが、恐らくKAT-TUNで歌うなら間に亀梨くんをカメラが抜く必要があると思ったのでここに配置。サングラスをしていたら多分ここでちょっと目を出すと思う。

北藤玉→中亀 follow, follow, follow, follow

横宮→上 幻と踊れば 訪れる

カーテンコール(dance with it)

田 瞼に焼き付けて 見返せば

I'm not ALONE Yea-

二千 →亀 耳鳴り誘うブラックアウト

思い出にする気はない

横宮二千→中

永遠と化したメロディー

いつでも Set me FREE

2番の最初は上田くんに。ここも比較的さらっと歌ってほしいなと思います。上田くんにはとにかく、余裕を見せつけてほしいんです。かっこいい曲歌ってるのにかっこつけずにこなせる余裕。それがまた物凄く彼のかっこよさを引き立てると思うんです。ここも原曲の横尾くん、宮田くんとは違うアプローチになりそう。そして田口くん。Yeaって言わせたかった…!田口くんはその品のよい佇まいからあまりこういうパートを振られないので、折角のかっこいい曲でかっこいいところが見たい!という願望です。そして亀梨くん。「耳鳴り誘うブラックアウト」という歌詞、彼ならきっと歌詞に合った振付を勝手に入れてきてくれることでしょう。そういう期待値込みでここに。そして亀梨くんからの中丸くんの声が非常に好きなので最後は中丸くん。中丸くんの高音が好きなので「Set me FREE」は楽しみでしかない。

玉→上 開けた眼の前は現実

今は Gold いつか Dust

仕組みは We LOOSE

それを知ったうえで

I'll PARTY for U

藤→中 Follow me

そしてここでロバ丸!!!!上田くんが最上級のかっこ良さで盛り上げたあと、中丸くんの一言でまた会場が叫ぶ。素晴らしいですね。玉ヶ谷大好きなわたしは原曲でもここで叫んでます。

ALL In the Burning, Burning Light

君を求めてる

耳澄まして 声を辿る

ついておいでよ

COME with ME

中 その雑音掻き分けて

GO for the GLOW

Now follow... FOLLOW...

2番のカメラに抜かれるメンバーは中丸くんにしました。強めに歌ってほしいですね。そしてこの後のメロディー部分でボイスパーカッションへと続いてほしい。

北 →中 閉じた眼の前が真実

何が Right 何が Wrong

決めるの I's YOU

上中 答え彷徨うなら

I'll CHOOSE for U

玉→田 Follow me

ここの「Follow me」は田口くんに言わせたくてこのパートにしました。ロバ丸二人に送り出されての「Follow me」ってめっちゃ良くない!良いですよね!押し売りみたいですがここでの田口くんのキメ顔がとてもとても楽しみ。

藤→亀 目前のライトに 君を探してる

手を伸ばせば 熱に触れる

北 →田 奪いに行くよSHINE for ME

中丸 その残光を目指して

GO for the GLOW

Now follow... FOLLOW...

このパート割を考えたときに、一番に浮かんだのがこの藤ヶ谷くんのパートを歌う亀梨くんの姿でした。これ多分この記事読んでくれてるKAT-TUNファンの人がほぼ全員同じ想像できるんじゃないでしょうか。目前のライトに手を伸ばす亀梨くん。そのあと熱に触れた手で自分の顔を撫でる亀梨くん。ああ見たい。わたしは見たいぞ!そこからの田口くん。豪華すぎる。田口くんに奪われたいですもんね。藤北を表現するのにどうしようかな、と思ったのですが、今のKAT-TUNでこれを再現するなら亀梨田口コンビかな、と。中丸くんのパートは中丸くんの高音を聴きたいがためにもう一度入れさせていただきました。

ALL In the Burning, Burning Light

君を求めてる

耳澄まして 声を辿る

ついておいでよ

COME with ME

その雑音掻き分けて

GO for the GLOW

Now follow... FOLLOW...

北藤玉→ALL follow, follow, follow, follow

ALL 開けた眼の前は現実

今は Gold いつか Dust

仕組みは We LOOSE

それを知ったうえで

I'll PARTY for U

北 →亀 Follow me

最後は上田くん田口くんのハモりに中丸くんのボイスパーカッションを添えたい。上田くんはここはほぼ踊らず、田口くんは激しく踊ってほしい。それを後ろから見ている亀梨くんが最後に出てきてサングラスを外しながら一言「Follow me」ですよ。照明は赤ですね。そして会場絶叫。なんていい歌なんだ。このコンサートはこの曲を聴きに来るために来たと言っても過言ではない…!

以上です。いかがでしたでしょうか。やっぱりKAT-TUNKis-My-Ft2は親和性が高いと思うんです。元々KAT-TUNのバックを長く務めてくれていたKis-My-Ft2なので、かっこいい曲をやらせたら両グループともピカイチですからね。ありがたい。

派閥がなくなって、共演が増えたらいいな…というのが切なる願いです。