読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈なチャンスを。

重岡大毅くんを応援しているblog。ジャニーズとAKB48をいったりきたり。毎年冬コミでジャニーズ・ハロプロ・48グループ中心のアイドル推し増し推進本を頒布してます。

ジャニヲタが防振双眼鏡じゃない、ちょっといい双眼鏡を買ったのでレポします【ドームコンサートにおすすめ編】

前回の記事。

というわけで、家電量販店で双眼鏡を覗きまくり、2万円強出して、ビクセンさんのちょっといい双眼鏡を手に入れたアラサージャニヲタの私。

なんとここ一週間でドームコンサートに5公演入ったので、使用感をレポしようと思います。双眼鏡2万って高いなと思ったけど、5公演入ってたらチケット代だけで2万軽く越えてますね。これだからジャニヲタの金銭感覚は(褒めてる)(いや褒められたものではない)

ここでもう一度私が購入した双眼鏡のスペックをどうぞ。

・倍率10倍

・対物レンズ32mm

・明るさ10.2

・実視界 6.0°

・見掛け視界 55.3°

・重さ390g

このレベルの双眼鏡で見た自担が実際にはどう見えたか、包み隠さず書いていきます。

☆東京ドームの場合☆

12月16日、18日に関ジャニ∞関ジャニ'sエンターテインメント」に参戦してきました。

※この先ステージ構成についてのネタバレを含みますのでご注意ください

16日【40ゲート1塁側2通路8列】

いわゆる天井席。8列なので天井下段ですが、このコンサートはセンターステージだったのでどの席からも比較的ステージが近くて見やすかったです。

この日がアトレックちゃん(双眼鏡の名前)のデビュー戦になりましたが、やはり今までの双眼鏡と比べると格段に見やすい…!超…イイ…!

友人と4連で入ったので、みんなの双眼鏡を代わる代わる覗かせてもらったのですが、「明るさ」と「実視界の広さ」でこんなにも見え方が変わるんだなーと感激しました。やはり自担が今までよりもくっきり鮮明に見えます。友人は「VHSからBlu-rayくらい違う!」と言ってましたが、まあ確かにDVDからBlu-rayくらいは違うかも。

ちなみに友人たちの双眼鏡を客電消灯前の明るい状態の時にも覗かせてもらったのですが、この時にはさほど見え方に違いは感じなかったので、やはり暗いところで見比べないとあんまり意味がないんだなということを痛感しました。家電量販店のスタッフさん、次買いに行くときは10秒でいいからフロアを暗くしてくれないかな…!(無理)

10倍だと、センターステージのメンバーはバンドスタイルで端っこの丸ちゃん安田くんがたまに見切れてしまうかな、というくらいの倍率でした。表情は分かりますが、自担ロックオン派の方には、ドームだとやっぱり倍率は10倍くらいないと物足りないかも。

18日【41ゲート3塁側10通路1列】

この日も天井ですが先程より前列、というか1列目なので最前でした。東京ドーム天井最前は着席指定なので、これは双眼鏡チャンス…!と思ったのですが、まさかの事態が。

なんと、思いのほか座席が揺れて手ブレがすごい。

エイターが音に乗って揺れるたび、ものすごい振動が私の座席を襲います。こんなに会場が揺れてるの、普段立ってるから全く気付かなかった…!そりゃ京セラジャンピング禁止とかになるわ…!

なので正直双眼鏡を構えていると手ブレで酔っちゃって、気持ち悪くなってくるくらい全然使い物になりませんでした。笑

しかし、みんなが静かに見るエイトレンジャーのコーナーなどで確認してみたところ、天井からセンターステージだと暗転しても何してるか全部分かるくらいは見えます。これが明るさの力か…!とまた感動して、村上くんが吊られるシーンを一部始終ずっと見てました。やっぱりジャニヲタたるもの、スポットライトが消えた瞬間にそれまで笑顔だったのに突然キリッとした顔になって次の曲へとスタンバイする仕事人な自担が見たいじゃないですか。そういう趣味の方には明るさ重視で双眼鏡を選ぶことを強くおすすめしたいです。

そうそう、普段はコンタクトレンズを使用しているのですが、この日は眼鏡で参戦してみました。(私の視力は矯正で1.0くらい)眼鏡使用者には「アイレリーフ」(レンズから目の距離が離れても見やすいかどうかの数値)というものが大きい方が良いというのも事前に調べていて、アトレックちゃんはアイレリーフ15mmなので、一般の双眼鏡の中ではこのスペックも高めです。だけどやっぱり双眼鏡までの距離を感じてしまったので、できればコンタクトのほうがいいのかもしれません。

☆京セラドームの場合☆

続いて翌週は京セラドームへ。ジャニーズWEST「1stドームライブ 24から感謝届けます」に参戦してきました。とても良かった。コンレポも年内には書きたいと思ってます。

追記:書きました。

24日【アリーナE11ブロック】

このコンサートは、メインステージ、バックステージ、アリーナCDの間にセンターステージがあり、そこから十字に外周と花道がある、割と一般的な構成でした。E11ブロックはアリーナ後列、上手一番端のブロックだったので外周の真横です。

正直アリーナでは双眼鏡はほぼ使わないかなと思っていたのですが、メインステージまでは割と距離があるので肉眼で見るよりは双眼鏡を使おうかなという感じ。双眼鏡を使うとメンバーの表情もばっちり見えるし、衣装も細かいところまで観察できて最高…!淳太くんの衣装全部良かった最高…!(コンレポに書け)

センターステージに来るとだいぶ近いので、二人ずつくらいしか視界には収まりません。ダンスをちゃんと見ようと思うと一人が限界かな。でも双眼鏡がないよりはあったほうがいいかなーという距離感でした。

ちなみに私は重岡大毅くんと神山智洋くんの「Lovely Xmas」という曲が大好きなんですけど、センターステージで二人で歌うこの曲で3公演を比較すると、アリーナからは双眼鏡を使うと二人の上半身が収まるくらいの視野でした。ニコニコ天使ちゃんたち可愛い。

25日昼【3ゲート1塁側10通路11列】

この公演はバクステ近くの1階スタンド下段でした。バスクテに近いということはメインステージまではかなり遠くて、これは双眼鏡の出番…!と意気込んでいざ実践。

まずメインステージですが、暗転するとメンバーが出てきたかどうか判別できないくらいの見た目でした。ここでまた双眼鏡における「明るさ」の大切さを知るわけです。メインステージにいるときは細かい表情は判別できず、笑ってるか真顔かが分かるくらいです。センターステージだと7人全員が視界に収まりはっきり見えてとてもいい感じでした。バックステージは近すぎて全員見るのは難しいかも。でもバクステは肉眼よりは双眼鏡使いたいかなーという距離感でした。外周の外を周る大きいトロッコに乗ってきたときは、肉眼で本人たちの表情が判別できたので双眼鏡は使いませんでした。ちなみにこの日のラブクリは双眼鏡越しに二人の全身が入るくらい。この公演のみ関西ジャニーズJr.がバックで付かなかったので二人の世界を双眼鏡で堪能。妖精みたいだった可愛かった…!

25日夜【4ゲート3塁側58通路8列】

この公演は天井下段でした。5公演入ったのですが天井上段やビスタ席には当たらなかったので、もっと遠い席からのレポはまた後々したいと思います。

この日は開演前に、友人が持っていた私のアトレックちゃんより一周り小さな機種を覗かせてもらいました。

こちらは倍率8倍、対物レンズ25mmです。スペックで見ると明るさはそんなに変わらないみたいだけど、実視界が7.5゜とかなり広いので、私の双眼鏡よりも見やすい感じがしました。でも倍率は低いのでドームコンサートの天井席だとやっぱりちょっと物足りないかも。友人は舞台観劇が多く、それなら8倍を、と店員さんに勧められて購入したようで、自分には合っていると言っていました。各々に合った使用用途で双眼鏡を選ぶの、超大事。

そして京セラはドーム座席配置の構造上なのか、なんとなく1階スタンドよりも2階スタンドの方が双眼鏡を覗いた視界が見やすい気がしました。ステージとの距離は2階の方が遠いはずなのに。不思議です。

ここからだとメインステージのメンバーの表情はあまり分からなくて、最後の挨拶をしているときに続々泣き出すメンバーの顔は双眼鏡を使ってモニターを見るのがベスト、という感じでした。センターステージでも表情は分かりづらいかも。バクステに来れば表情は分かります。

この公演のラブクリは、かみしげの二人と周りの関ジュも全員収まるくらいの視界でした。みんな天使…!

☆5公演入ってみての感想☆

今まで使っていた自分の双眼鏡(セレスたん)を持ち込んで、見比べたりもしてみました。

まずはとにかく、「明るさ」「見掛け視界」のスペックの差が双眼鏡の能力において本当に大きいんだな、と感じました。セレスたんとアトレックちゃんは倍率はどちらも10倍なので、双眼鏡越しの自担の大きさは変化がないのですが、アトレックちゃんで見たほうがよりクリアに見えるんです。いや…より、なんてもんじゃないな。本当にDVDからBlu-rayくらい画質が変わりました。今まで「これは遠いからぼやけて見えないんだ」と思っていたものが、実は「遠いから」ではなくて「双眼鏡の性能によって」ぼやけて見えていなかったんだ…!と気付いたときのあの衝撃。やはり高いものにはそれだけの価値があるんだなと感じました。でももっと明るいと更に見えるものがあるような気もするので、バック担の方などスポットライトが当たらないジャニーズJr.を応援する方は明るさを重視して選ばれた方がいいのかもしれません。

私はデビュー組の担当だし、セレスたんが10倍だったので最初から8倍の選択肢はなかったけど、8倍にすると性能の良いものだと同じくらいの値段で倍の明るさが出る機種もあるみたいなので、そこは目的に応じて購入するのがいいのではないかなと思いました。

アトレックちゃん、使用感としてはおおむね満足なのですが、もし次に手を出すとしたらどの機種かな…というのも考えていて(早い)私の中ではこれ一択です。

Canon 双眼鏡 12×36 IS ? BINO12X36IS3

Canon 双眼鏡 12×36 IS ? BINO12X36IS3

やっぱり防振双眼鏡最強なんじゃないかな、と思いました。今までは気付かなかったけど、鮮明に見えるようになると、意外と手ブレが気になってくるものなんですね。そこで防振。さらにドームコンサートが多く、自担ロックオン型の私は10倍よりできれば12倍欲しい。そうなるともうこれしかありません。高いけど!

きっとこれにしたら、Blu-rayを普通のテレビで見てたのが4Kテレビで見るくらいには違いそう。

あとは、双眼鏡自体の重さですね。アトレックちゃんは390gなのですが、やっぱり重いです。ジャニヲタの方々のblogには「重さは慣れだ」「自担を見ていれば忘れる」と書いてあることが多かったんですけど、重いとやっぱり手ブレも多くなるし、途中で頭が痛くなったりして集中できなくなることもあるかなと思ったので、私は重さはこれくらいが限界かなと思いました。ちなみに390gだと片手で持つのは結構辛いので、両手で脇を閉めて双眼鏡をできるだけ固定して覗きたいです。そうするとペンライトもできれば持ちたくないなーという感じになるので、ここはジャニヲタとして何を取るかの線引きが必要なんじゃないかなと思いました。

色々書いてみましたが、私は今回のお買い物はとても満足しています!しばらくはアトレックちゃんと楽しいコンサートライフを過ごせそうです。そして年始にはジャニーズWEST横浜アリーナ公演が控えていますので、アリーナサイズでの双眼鏡レポも書きたいと思います。

皆様もぜひ、自分に合った双眼鏡と出会い、素敵な自担との時間を過ごせますように!

追記:横アリでのレポを書きました。

レコーダーの購入レポも書いてます。こちらは年末を乗り越えたらその使用感をまたレポする予定です。