退屈なチャンスを。

ジャニーズと48グループをいったりきたり。Twitter:@927chan ジャニーズWEST、重岡大毅、SMAP、Kis-My-Ft2、AKB48、HKT48。

【御報告】自担と結婚式をしようとしました。(未遂)

f:id:from927chan:20170903162606j:plain

※普段から少々頭のおかしい記事を書くことに定評のある私ですが、今回は今までで一番頭のおかしい記事です。読んでいただく分にはどなたでもありがたいですが、同担拒否なので同担の方からのコメント等は求めておりません。御了解の上お進みください。

 

といっても、今回の主役(自担)は重岡くんではありません。

香取慎吾さんです。

今まで語ってこなかった、アラサージャニヲタの実録レポ、見てくれ…!

 

1.事の発端

 

物心ついたときからずっと慎吾くん一筋で生きてきた私ですが

去年悲しいことがあり

まさに絶望の縁からスタートした2017年でした。(スタートしたときは2016年の13月のつもりでした。※そういう謎設定のジャニーズ舞台が元ネタです)

 

そんな1月終わりに、最近結婚したという友人たち(ジャニヲタ)から結婚式の話を聞く機会があり、結婚指輪の作り方とか、式場の選び方とか聞いているうちに、いいなー私も結婚式したいなーとなりまして。

でも残念ながら私には相手がおらず、来年20代も終える身なので少々焦っておりまして、なんとか一人で結婚式をする方法はないのかと考えていたのですが

 

自担と結婚すればいいんだ

 

そうだ、自担と結婚しよう!

 

と、何故かアクロバティックな思考回路が働き、唐突に自担と結婚式をすることにしました。人は追い詰められると何を考え付くか分かりませんね。怖い。面白いけど。

ちなみにもう一度説明しておきますが、この自担は重岡くんではなく香取慎吾さんです。やっぱり結婚式をするなら長年連れ添った(と勝手に思っているだけで一方的に思い続けた)人としたいじゃない!みたいな感じで一方的に友人たちにまくしたて、友人もみなジャニヲタなので何故か「おめでとう!」とその場で祝われ、私あまりの急展開と嬉しさに感情がぐちゃぐちゃになりちょっと泣くという、もう本当に謎の展開からスタートしました。

 

2.どんな結婚式にするか

 

さてここから、二人の結婚式をどういうものにするかを一人で考える孤独な時間が始まりました。「結婚式の準備って基本花嫁の仕事で孤独っていうよね…分かる…!」みたいな分からない思考回路ではどうにも対処できなかったので、

とりあえずゼクシィ買ってきたよね。

ゼクシィって(当たり前だけど)初めて買ったんですが、本当にヤバイ重さでした。これが結婚の重みなのか…!と幸せと重量を噛み締めつつ帰宅。そしてとりあえず読み進める。知らないことだらけで勉強になる…!

「両親への挨拶からスタートしましょう」っていう構成だったんだけど、私には挨拶する両親がいないので読み飛ばして結婚式準備のページへ。そうしたら「ソロウエディング」なるものが存在することを知ります。

結婚式をするには基本一人ではできなくて(そりゃそうだ)でもウエディングドレスを着て写真を撮りたいという女性向けに、ドレスを着て写真を撮るというソロウエディングというのがあるそうなんです。え、もしかして求めてるのってそれじゃない…!披露宴とかしないし、結婚式場で写真が撮れれば良いのでは…!

という話を友人たちにしていたところ「いいじゃん!新郎はマネキン借りて、自分の好きなうちわを首につければいいんだよ!」というまたまたアクロバティックな案を思い付いてしまい、私と自担(マネキン)の結婚式場探しが始まりました。

 

3.ソロウエディングの会場探し

 

というわけで狙いを「結婚式場でのソロウエディングプラン」に絞って探しはじめたのですが、ここで大きな壁にぶち当たりました。

ソロウエディングプラン、スタジオしかない問題

ソロウエディング業者さんっていっぱいあったんですけど、基本的には写真を撮るのはスタジオか屋外(ホテルのお庭など)が多くて、結婚式場で撮ってくれるところが本当にないんです。私は自分のドレス姿じゃなくて自担と結婚式をしているところを写真に撮って欲しいので、スタジオじゃダメなんだ…!

ソロウエディングプラン、基本新婦のみ問題

そしてもうひとつ大きな壁になったのがこれ。ソロウエディングって言ってるんだから当たり前なのですが、基本新婦のみのウエディングドレスのみなんですよね。何が言いたいかというと、私は結婚式をしたいので新郎分も衣装がないといけないわけなのですよ。でもそういうところが全然ない…!

というわけでこの二つの問題を解決して「結婚式場で、新郎と写真が撮れるフォトウエディング」を行える業者さんを探したのです。そしたら!奇跡的に!一ヶ所だけ!あったのです!!

 

4.会場決定と打ち合わせ

 

ちなみにその式場は、諸々事情があって最終的にそちらで式を挙げられなかったので紹介は差し控えますが、本当に素晴らしい対応をしていただきました。いつか本当に結婚式をするときにはぜひ利用させていただきたいと思います。ありがとうございました。もし気になる方がいたら、Twitterでこっそり聞いてください。

打ち合わせに伺ったのはJr.祭りのグッズを買いに行った後。捨てきれないヲタク魂w

お邪魔したらまずアンケート用紙を手渡していただいたのですが、そこに書いてあってあった「ご結婚おめでとうございます」が嬉しすぎて、また泣くわたし。(いよいよヤバイな)そこでは当日までに準備するものや動きなどを確認しました。

タグとか付けて楽しげな匂わせ私。ちなみに「新郎はマネキンなんですが大丈夫ですか?」と恥を忍んで一応聞いてみたのですが「あ、全然大丈夫ですよー!」という答え。懐深すぎ…!

どうやら色んな事情のヲタクの方々の駆け込み寺らしく、私のようにマネキンと結婚した人や、ぬいぐるみと結婚する人や、色んな人がいるらしいです。「好きなグッズとか飾りたいものがあればどんどん持ってきてくださいね!」と暖かい心遣い。なんて素晴らしい…!

ちなみに参列者などもいていいそうで、ジャニヲタの友人たちにも「自担と結婚式をすることにしました❤️」と報告して結婚式の日にちを空けてもらったりして、楽しく準備を進めておりました。ちなみに結婚式は私と慎吾くんの誕生日のちょうど真ん中の日にしようと思ってました。無事予約を済ませて、さあこれからブライダルエステしよっかなーとか、結婚指輪用意しよっかなーとか幸せの絶頂にいたのですが、ここで事件が起こります。

 

5.文春砲

 

ほんとに、これがなかったら、たぶん私は今頃慎吾くんの花嫁として幸せな日々を過ごしていたと思います。それほどまでに文春っていうのは罪深いし、たぶん私は一生週刊誌を恨んで生きていくんだと思います。

あまりにも辛いので一部割愛しますが、端的に言うと、自担に隠し子報道が出ました。でそれを次の生放送で即座に否定したのですが、その雑誌に映っていた、お子さんではなく、お相手の方については、触れなかったんですよね。否定もしないの。

いや、もちろんこっちだって長年推してるんで、そりゃ色々知ってるんですよ。知った上で、でもそれを見ないようにして推してるんですよ。向こうがプロのアイドルなら、こっちもプロのヲタクとして20年近くやって来てるわけなんですよ。

でも、プロのアイドルである彼は、今回撮られてしまったわけです。そしてそれを、否定もしないのです。私はそれに、とても傷ついてしまいました。

彼女がいる人と、一方的に結婚式を挙げるなんて、なんか悔しい。

初めて、自担に対して、なんていうんだろうな…悲しみというか、裏切られたというか、そんな思いをさせられたような気持ちになってしまって。これ完全に私の一方的な視点なんで本当に気持ち悪いんですけど、それは一旦置いておくとして、こんなことならもう結婚式なんてできない…!と、結婚を取り止めることにしたのです。

 

6.その後

 

自担との結婚式を諦めてから1ヶ月ほどした頃、また衝撃の情報が飛び込んできました。公式発表はまだですが、どうやら自担が退所するそうです。実は私、自担の退所は赤西仁さん以来4年ぶり2回目でして、あのとき本当に辛い思いをしたのに…また…!と思いながら、結婚式を取り止めてからも鬱々としています。

正直「なんで私ばっかりこんなにジャニヲタでいるのに苦労を伴わねばならないのか…!」と思うこともしょっちゅうあって、それで2017年にヲタ卒をしようと思っていたのです。現状、重岡くんを始め大好きなジャニーズタレントと好きな現場、そして素敵なジャニヲタの友人たちにも囲まれているので、良いこともたくさんあるんです。なのですぐにすぐ辞められるわけではないですが、自分の身を守るためにジャニヲタとの向き合い方を考えていかないとなと思っています。

本当は今頃素敵な結婚式を挙げて、次に続くジャニヲタの皆様へのレポ記事にしたかったんですけどね…!そういうわけにいかず申し訳ない。自担が退所する日、その日をどう迎えることになるのか、まだ自分にもわかりませんが、それもまた冬コミ本で綴っていきたいと思います。最後に去年の冬コミアイドル推し増し本に書いたSMAPベストアルバムの全曲レビューを置いておきますのでよろしければぜひ。私は、ジャニーズ事務所所属のアイドルSMAPと、そのメンバーの香取慎吾さんが大好きです。